· 

ブランディングデザインの喜び

ブランディングデザインをお願いされているお客様から、大きい仕事が受注できたというご報告をいただきました。

 

納品したら終わりのデザインとは違い、ブランディングデザインは本当に長い付き合いになり、そして深くお客さまのサービスや理念だけではなく、その業界も知らないとできないので、ものすごく大変です。

 

 

「デザインの力でお客様の未来を切り開く。」ことを目標にしているので、デザインだけではなくそのために必要な知識を日々勉強したり、常にそのためにアンテナを張っているので、毎日とても大変ですが、お客様と一緒に「やったー!!!!!」と大喜びできる瞬間があるから頑張れます。

 

お客様の今している仕事やサービス、他より得意なところ、そして将来進みたい方向、これをカウンセリングして

その方向に進めるように、デザインをし、SNS発信までもサポートしていきます。

 

長い付き合いの中で、お客様とディスカッションをしていき、時に意見が異なる事も当然ありますが、一緒に先を見て一つ一つ乗り越えて進んでいく感じです。

なので、よく他のブランディングデザインをしているクリエイティブディレクターさんの話で「お客様のサービスはもちろん、お客様の事が人間的に好きでないとできない。」と聞きますが、本当にその通りだと思います。

 

いつもそのお客様は「デザインするだけの会社は山ほどあるけど、こうやってやりたい方向に進めるように、何が必要なのかどうしたらいいのかをアドバイスをしてくれ、提案してくれるところはほんまあんまり他にない。」と言ってくださいます。

 

自分自身、長年この仕事をしていると、どんどん求められる事も増えていき、それに伴って自分の学ばないといけない範囲もどんどん広がっています。

一生かけても足らないくらい、学ぶ事の多い、深い仕事だと思います。

 

日本でのグラフィックデザイナー時代は、毎日多い時で20案件を同時に勧めていました。

その中に、雑誌もあったので、すごい量なのですが、その時の経験があるから、今お客様のニーズにあったデザインができるのだと思います。

私にデザインとデザイナーの心得を教えてくださった社長や師匠には今も日本に帰ると必ずご挨拶に行きます。

 

今は、グラフィックのみではなくブランディングデザインまで幅が広がりましたが

そのぶん、自分の肩にかかる重圧は大きいのですが、喜びも大きいです。

 

秋晴れの今日は本当に良い日で、嬉しく、幸せな気持ちです。