· 

忠彦さん。

写真:イメージ「不安」

今朝の「まんぷく」、面白かったですね。

あんた本当にフランスに住んでるのか?と思われそうなのですが、住んでいます。

 

今朝の回は、試行錯誤してやっと出来上がった即席ラーメンが全く売れないので、パッケージデザインを担当した忠彦さんが「デザインが悪いんじゃないか・・・」とすっかり自信がなくなってしまい別案を持ってくるところから始まったのですが、これには笑いました。

 

しかも、忠彦さんの作ってきた別案がいかにも自信なさげな無難な一品に「栄養まんてん」の文字の弱々しさ・・・

たぶんデザイナーはかなりツボにはまった今回の放送ではないでしょうか。

 

デザイナーあるあるなこの回。

 

私も日本にいた時によくパッケージデザインを作成したので、すごく忠彦さんの気持ちが分かります。

これは、パッケージだけではなく、チラシもパンフレットも同じです。

 

今は新聞をとっている家も少ないのかもしれませんが、新聞広告に自分のデザインしたものが折り込まれていた時のあの息を飲む

「!」

というなんとも言えない気持ち。

 

そして、恐る恐る手に取りサッと見るあのドキドキ感。

 

このドキドキはデザイナーなら分かると思うのですが、ワクワクドキドキよりも「誤植ないよね?ないよね?あれだけ確認したんだし、ないよね?」というドキドキ感が上回っています。

 


そんなスリリングなお仕事ではありますが、やはり自分のデザインしたもので、お客様の世界が広がったという声を聞けたりもするので、それは間違いなく活力になります。

 

そして、不安要素をなくすために出来うる限りのすべての手を打ち日々精進します。

 

ちなみに、誤植を減らすには、人間には同じ場所を見落とす癖がありますので、同じ人が何度確認しても同じところを見落とすと言われており、数人が印刷前には確認する必要があります。

 

※誤植:文字間違いのこと。